薬剤師転職サイトを使った転職の流れ

転職を考えている薬剤師は、非常に多いといわれています。人によって様々な理由があるといえますが、中でも特に多いのは給料の不満による転職です。

一般的に、薬剤師の給料は高いというイメージがありますが、資格を取得するまでに掛かる費用は約1千万円程度といわれており、今までに掛かった費用を回収するという意味では、給料の金額が低く感じてしまう人が多いようです。

その他の転職理由としては、忙しすぎて休みを取ることができないことや、人間関係がうまくいかないことなどがあります。

いずれにしろ、転職したいと考えているのであれば、転職活動を積極的に行ってみると良いでしょう。なぜなら、薬剤師は転職しやすい職業だからです。

調剤薬局や院内薬局、研究職については応募が殺到するケースが多く、なかなか仕事が決まらないことがありますが、仕事を選ばないのであれば近年増加しているドラッグストアなどに転職することができるでしょう。

ドラッグストアでの勤務は、薬剤師本来の業務を行うケースが少ないことから、不満に感じている人が多く存在します。しかし、最近は調剤薬局と併設されているドラッグストアが増えてきていますので、どちらかというと併設タイプのドラッグストアに転職する人が多いようです。

薬剤師専門の転職サイトで好条件の転職先を!

転職活動を行うにあたって、在籍中に仕事を決めてしまうのか、もしくは退職してから仕事を探すのかは人によって違ってきます。どちらでも構いませんが、ハローワークや求人情報誌だけを活用して転職活動を行ってしまうと、どうしても求人件数に限りがあり、条件が良い案件は応募が殺到してしまいます。

そこで、おすすめしたいのが、非公開案件を多数扱っている薬剤師専門の薬剤師転職サイトランキングです。非公開案件のほとんどは、好条件であるケースが多く、希望していた条件で転職しやすいといえます。

また、薬剤師の業界に詳しいコンサルタントが、転職活動をサポートしてくれますので、働きながら転職活動を行う場合でも仕事を探しやすいといえるでしょう。

薬剤師の転職先《治験コーディネーター(CRC)》

薬剤師、といっても、その活躍の場は薬局やドラッグストアだけではありません。 治験コーディネーター、CRCという職業をご存知でしょうか?

治験コーディネーター(CRC)が活躍しているのは、新薬の臨床実験である地検の現場です。 この治験コーディネーター(CRC)になるために、薬剤師の資格が必要である、というわけではないのですが、治験はお薬を取り扱う職場ですので、お薬の知識が豊富な薬剤師の転職先として近年注目を集めています。

そもそも治験では、様々な立場の方が関わっています。 被験者となる患者さんや、医師、看護師、製薬会社、その他スタ ッフなど、各々がそれぞれの立場から治験を進めていきます。

治験コーディネーター(CRC)の担う役割は、これら様々な立場の方同士を結ぶ橋渡しです。 スムーズに治験を成功させるためには、治験コーディネーター(CRC)の存在が欠かせません。

そんな治験コーディネーター(CRC)ですので、適正としてコミュニケーション能力の高さは必須です。 様々な立場の方と接する職業です。お薬の知識はもちろん、それぞれの目線に立つことも重要なのです。 とくに患者さんは、様々な不安や疑問を抱いています。それらの心配事を払拭し、 安心して治験に臨めるようサポートすることも治験コーディネーターの重要な役割です。

「なんだか、大変そう・・・。」と感じるかもしれません。事実、楽な職場ではないはずですね。 しかし、その対価として、同じ薬剤師の転職先の中でも比較的給与は優遇されています。 同時に、新薬の誕生に携わる大きなやりがいを感じることができる職業でもあるでしょう。

治験コーディネーター(CRC)になるためには、インターネットでの薬剤師に特化した転職支援サイトをうまく活用してください。転職支援サイトでは転職活動の専門家であるコンサルタントが、 あなたの希望や条件にマッチした転職を叶えるため転職サポートをしてくれます。

薬剤師の転職先《臨床開発モニター(CRA)》

薬剤師の転職先は、薬局やドラッグストアだけではありません。近年では、薬剤師の治験の現場での活躍が注目を集めているようです。

治験とは、まだ世の中に出てきていない新しいお薬の安全性や副作用を確認するために行われている臨床実験のことを指します。そんな治験に違法な点はないか、またきちんとルールを守られているか否かを確認し、スムーズで安全な治験を支えているのが臨床開発モニター(CRA)というお仕事なのです。

同じように治験の現場で活躍している治験コーディネーター(CRC)は治験が行われている医療機関が現場になるのにたいして、臨床開発モニター(CRA)は製薬会社や医療機器メーカー側に立つ人間として活躍しています。

治験を行う施設の決定や計画を臨床開発モニター(CRA)が行い、これを元に治験コーディネーター(CRC)が現場で治験をスムーズに行っているイメージです。

治験実施は都市部で行われているケースが多く、治験に関わる求人も同じく都市部に集中する傾向があるようです。勤務地を都市部に絞るだけでも、「求人がなくて困る」という事態は避けられるでしょう。

それでも、調剤薬局やドラッグストアにおける薬剤師の需要と比べれば数は少なくなってしまいます。 目指すのであれば、できるだけ多くの求人情報を収集し、妥協のない職場を見つけ出すことが重要になってくるでしょう。

臨床開発モニター(CRA)の求人情報を集めるのであれば、インターネットでの薬剤師に特化した転職支援サイトの活用をおすすめ致します。

薬剤師に限らず、いまや多くの方々が転職ツールとしてインターネット転職サイトを利用していますね。 数多くの方が目にする媒体であるからこそ、人材を求めている採用側もネットで求人を出しているケースが多いのです。

また、転職サイトではコンサルタントによる無料の転職相談が受けられます。 ご自身の状況や希望をしっかりと伝え、あなたにマッチした転職先を見つけ出しましょう。

ページの先頭へ